借金をまとめて解決する?

今や債務整理の方法の一つとしての認知度も高まっている「おまとめローン」ですが、あくまでも金融商品の一つですので、実際の融資にあたっては審査があり、審査の結果おまとめローンの融資が受けられないケースがあります。

 

では、おまとめローンの審査に落ちるのはどのようなケースなのでしょうか。

 

借入件数が多い

おまとめローンの審査で重視をするのが、借入件数です。借入件数が多ければ多いほど審査には不利になるのですが、3社くらいであればおおむね大丈夫、4社ですとボーダーライン、5社ですと審査通過はかなり厳しいといったところでしょうか。

 

借入件数を減らすことが、おまとめローン審査通過への道ですが、そのためには完済できる借金を完済して件数を減らす、一部をおまとめすることによって件数を減らすといった方法があります。

 

年収が少ない

借金をおまとめするとそれなりの金額になりますので、毎月の返済額もかなりのものです。借金返済に充てられる金額は、年収の3分の1が限度ともいわれていますので、200万円の借金がある人ならば最低でも年収600万円はなければなりません。

 

意外と高いこの年収のハードルに阻まれて、おまとめローンを受けられないケースがあります。

 

おまとめローンは借金の返済が楽になる可能性がある借り換えの一種なだけであり、決して借金返済がなくなるわけではありません。今後の返済すらも厳しいと感じるならおまとめローンではなく、借金の整理となる債務整理の解決相談を進めてください。