任意整理で解決ができるか

債務整理の中でも比較的ハードルが低いのが、「任意整理」です。しかし、この任意整理でさえ受けられないとなると、かなりショックも大きいはず。任意整理を受けられないケースというのはどのようなものがあるのでしょうか。

 

無職

任意整理をしたとしても、決して借金がチャラになるわけではなく返済は続けていかなければなりません。そんなとき返済の判断ポイントとなるのが収入ですが、無職の方は収入がないので当然返済の当てがありません。

 

そんな人にわざわざ任意整理を認める業者も多くはありません。

 

業者の方針

貸金業者の中には、任意整理に関してかなり強硬な姿勢をとる業者もあります。利息のカットもしない、分割払いも認めないといった強硬な姿勢を業者(もしくは業者が所属しているグループ)の方針として掲げているところもあります。

 

この場合には、任意整理以外の方法も検討するといいでしょう。

 

特定の代理人とは交渉しない

業者の中には、過払い金返還請求でかなり資金繰りが悪化している業者もあります。

 

過払い金請求でしっかりと過払い金を請求してくる弁護士や司法書士に対しては、法定金利の範囲内であればその弁護士や司法書士が申し立てた任意整理には応じないということもあります。

 

任意整理は交渉をする側の実力でうまくいくかが決まります。自身で行うのは難しい債務整理手続きとなりますが、弁護士や司法書士に依頼をするとしても実績が豊富なところでないと任意整理がうまくいかない可能性があります。

 

任意整理を成功させるためには任意整理の解決ができる相談先を調べ、無料相談から始めると良いのです。