自己破産が利用できない

債務整理における最後の砦ともいえるのが「自己破産」です。借金がすべてチャラになる伝家の宝刀なのですが、中には自己破産が利用できないケースがあります。これを「免責不許可事由」というのですが、具体的にはどのようなケースがあるのでしょうか。

 

借金の原因がギャンブル

借金の原因が生活費の足しであれば自己破産は認められるでしょうが、ギャンブルをするための場合は自己破産が認められないケースがあります。ただし、ギャンブルで作った借金を返済するために消費者金融から借金をして、それが首を絞めている状態であれば、認められる可能性は高くなります。

 

返済不能なのに追加の借金をする

自己破産をすることが分かっているような状態で、新たに借金をしたりクレジットカードで商品を購入したりすると、自己破産が認められない可能性があります。

 

7年以内の再びの自己破産申請

過去7年以内に自己破産を受けていて、再び自己破産をしようとしても、認められないケースもありますので注意しましょう。

 

特定の債権者だけに返済

支払い不能の状態にもかかわらず、特定の債権者だけに返済をするのも不公平ですので、免責不許可事由に相当します。ただし、職場に怖いお兄さんが押しかけてきて仕方なく払った、という場合は認められる可能性もあります。

 

自己破産を考える状態は借金返せない場合が長く続いているケースがほとんどです。なるべくならそうなる前に早めに相談や解決を進めるべきなので、借金が返せない状態をあまり長期に渡って引っ張らないようにしましょう。