債務整理ができないとどうなる?

借金で首が回らなくなると、借金の返済にも窮する場合があります。そんなとき、債務整理をすれば借金の返済も少しは楽になるでしょう。

 

しかし、債務整理は申し立てをすれば必ず認められるわけではなく、認められない場合もあります。債務整理を充てにしていた人は、それによって計画の変更を余儀なくされる場合もあるのです。

 

 

借金の返済は続く

債務整理の申し立てをしても認められなかったとしても、借金の返済は待ってくれません。その間、借金を返済しないわけにはいきませんし、返済しない間にも利息はどんどん雪だるま式に膨らんでいきますので、利用者としてはかなり厳しい状況に陥ってしまいます。

 

よほどの理由がなければ、債務整理ができなくても借金の返済は続けていきましょう。満額返済できないとしても返済の意思が見えるのであれば、お金を貸している業者もむげにはしません。

 

ワンランク下の債務整理を試してみる

債務整理にもいくつかのランクがあります。まだまだ余裕がある段階であれば、おまとめローンや任意整理、特定調停という債務整理の方法でかたをつける手があります。これらの債務整理では解決が難しいと判断されれば、個人再生を行なうのがいいでしょう。個人再生をもってしても借金の返済が困難だと判断されれば、もう自己破産以外には残されていません。

 

自己破産は借金がチャラになりますので、借金の減額効果は最も大きいのですが、それだけに自己破産が適用されるまでのハードルは高いといえます。借金減額効果が大きければ大きいほど、適用までのハードルもどんどん高くなっていきます。

 

借金の金額や性質などから、本来は個人再生くらいで十分解決可能なのにもかかわらず、いきなり自己破産を申請したところで自己破産が適用される可能性は高くありません。

 

このように、ワンランク下の債務整理方法を選択していれば、適用される可能性が高くなりより借金返済が早まるのです。自分自身では判断が難しい部分でもあるので、適する債務整理はどの方法かを債務整理方法の無料でできる相談を受けてみると良いでしょう。

 

家族などからお金を借りる

貸金業者からお金を借りると、どうしても金利が適用されて利息が発生します。それはおまとめローンであっても同じことで、金利は低くなるもののゼロ金利ではありません。

 

借金の金額が多ければ多いほど利息も多くなりますので、金利ゼロの借金がベストなのですが、その唯一の方法ともいえるのが家族や友人からの借金です。返済の姿勢を見せること、借用書をしっかりと作成することなど誠実な姿勢でお願いすれば、家族や友人の方もお金を貸してくれる可能性がありますので、それで借金を完済しましょう。

 

返済のための借金はなるべく避ける

借金を返すために借金を重ねるのは大変危険です。既に自身の状況では返済能力を超えている証明とも言えるので、借金返済のために家族や友人、知人からお金を借りるのは本当に返済の見込みがあるときに限るべきです。

 

そうでもなく、その場しのぎで借金返済のための借金をしようとしているのであれば、それは絶対に避けるべきです。返済のために借りたところで更に返済ができなくなるのは明白で、お金を貸してくれた家族などにも迷惑をかけるだけです。

 

迷惑をかけないためにも借金が返せないなら更に借金を重ねるのではなく、早い段階で債務整理にかかる費用について専門家への相談を進めておくと良いでしょう。